主人と2人で個別相談に伺いました。家計術の講座を私が受講したことがきっかけでした。

講座で基本的な家計の組み方や、貯蓄の考え方を学ぶうちに、
「我が家はもしかしたらかなり厳しい家計の組み方をしているのでは…」
と不安になってしまいました。

と、いうのも、現在私はお腹に赤ちゃんがおり、
それに伴い仕事を退職せざるを得ない状況にあったこと
(つまり、暫くは主人の収入一馬力で生活設計しなくてはいけないということ)、
住宅を購入したばかりで、しかもローンの返済額が「収入の25%未満」という理想の住宅費をやや上回っていたこと、
子供の教育費の現実を学び、現在全く貯金ができていない家計を続けている我が家の現状に
大きな危機感を持ったことなど、様々な「やばい」状況がある現実を知ったからでした。

講座後思い切って先生にご相談をすると、
立話なのにとても親身にお話を聞いてくださり、
私の体を一番に考えて「少しでも安心してお産を迎えられるように」と言ってくださった
先生のお人柄に惹かれたのが個別相談を受ける決め手でした。

個別相談の際も、じっくり私たちの話を聞いてくださり、
見直すべきところはかなりシャープに、でも良いところはしっかり褒めていただきながら、
具体的な家計の予算を一緒に立てていただきました。

不思議なのですが、本当に楽しい時間であっという間に2時間がすぎてしまいました。
驚いたのは貯蓄もできていない厳しい家計なのに、生活費が少しアップしたことでした。

先生曰く、生活費をギリギリに設定すると気持ちが苦しくなるから、とのこと。
貯金額を増やすことではなく、お金を使う私たちが心地良いことが大切なんだ、
あくまでもお金は使うためにあって、主役は私たちなんだという先生のお考えがとても好きです。

今、この予算で初めて家計をやりくりしはじめているところです。
ここまで具体的にアドバイスしていただけたからこそ、翌日から実践できるのだなぁと実感しています。

また、主人は以前から先生の得意分野でもある資産運用に興味をもっており、
今度、個人的に資産運用の個別相談に伺うとはりきっています。

正直、安くはないお金を払って、自分たちのお財布事情を人様に話す、ということに少しだけ抵抗はありましたが、
ご相談に伺って本当に良かったと思っています。先生とは長いお付き合いができたらなぁと思っています。