【スタッフブログ】ChatGPTで新札の人物について質問してみました。

こんにちは

前日、FacebookでAIを使った質問に答えてくれるアプリの広告を見ました。

12000円で一生使えるとのことで魅力的に感じましたが、ChatGPTなら無料で使えることを思い出し、せっかくなので2024年7月2日に発行された新札の人物について調べてみました。

使用したのはこちらのスマホのアプリです。

https://apps.apple.com/app/id6448311069

【質問】

新札の人物について教えて

【回答】

新しい日本の紙幣に登場する人物は以下の通りです:

  1. 一万円札:渋沢栄一
  • 渋沢栄一(しぶさわ えいいち)は、日本の実業家であり、「日本の資本主義の父」と呼ばれています。彼は多数の企業や銀行の設立に関与し、近代日本の経済発展に大きく貢献しました。
  1. 五千円札:津田梅子
  • 津田梅子(つだ うめこ)は、日本の教育者であり、女子教育の先駆者です。彼女は日本で最初の女子留学生の一人としてアメリカで学び、帰国後は津田塾大学の前身である女子英学塾を設立しました。
  1. 千円札:北里柴三郎
  • 北里柴三郎(きたさと しばさぶろう)は、日本の細菌学者であり、破傷風菌の発見や、血清療法の開発などで知られています。彼の研究は医学の発展に大きく貢献し、彼は「日本のパストゥール」とも呼ばれています。

これらの新札は、2024年から発行される予定です。

【コメント】

かなりしっかりとした文章が出来上がっていますね。

調べた日付は2024年7月7日なので、最後の「発行される予定です」は更新されていないようですが。

【追加質問】

北里柴三郎について詳しく教えて

【回答】

北里柴三郎(きたさと しばさぶろう、1853年1月29日 – 1931年6月13日)は、日本の医学者・細菌学者であり、多くの感染症の研究と治療に貢献しました。彼の主要な業績には、破傷風菌の発見とその抗毒素の開発、血清療法の確立があります。以下に彼の生涯と功績について詳しく説明します。

生涯と経歴

若年期と教育

北里柴三郎は熊本藩(現在の熊本県)で生まれました。1874年に熊本医学校に入学し、そこで医学の基礎を学びました。その後、東京大学医学部に進学し、1883年に卒業しました。

ドイツ留学

1885年、北里はドイツに留学し、ロベルト・コッホの研究室で学びました。コッホは細菌学の権威であり、彼の指導の下で北里は破傷風菌の培養に成功し、その毒素の研究を行いました。

帰国後の業績

1892年に日本に帰国した北里は、伝染病研究所を設立し、日本の感染症研究の中心として活動しました。彼は破傷風やジフテリアの抗毒素を開発し、これが血清療法として世界中に広まりました。

主な功績1. 破傷風菌の発見と抗毒素の開発 • 破傷風菌を純粋培養し、その毒素を研究しました。これにより、破傷風の治療に有効な抗毒素を開発しました。 2. 血清療法の確立 • 北里はジフテリアや破傷風の治療に血清療法を導入しました。この方法は多くの命を救い、現代の感染症治療の基盤となりました。 3. 日本における公衆衛生の発展 • 伝染病研究所の設立により、日本の公衆衛生と感染症研究が大きく進展しました。彼の努力により、日本は感染症対策において先進的な国となりました。

晩年と遺産

北里柴三郎は1931年に亡くなりましたが、その遺産は現在も多くの医療研究者や公衆衛生専門家によって継承されています。彼の業績は、現代の医学と公衆衛生の基盤を築いたものとして高く評価されています。

【コメント】

話題となっている人物などはChatGPTでかなり詳しく知ることができました。

事実のチェックなどはまだまだ必要そうですが、文章の構成もしっかりしており、無料のアプリでもかなり便利です。

Follow me!