子どもが生まれると数年赤字に。わが家の家計は大丈夫?(ライフプラン事例)

今後の生活に、いくらお金がかかるのか?子どもを大学まで通わせるのに今の収入で大丈夫なのか?
そんな不安に応えるものが『ライフプラン』です。

ライフプランとは、「3年後位には家を買いたいな」「10年後にはこの子も大学に入るのか」といったこれからのイベントを未来年表に入れて、この先のお金の流れを見ていくものです。

ここでは、一例として一郎さん・花子さん夫妻の例を見てみましょう。

一郎さん、花子さん夫婦は2歳になるお子さんがいて、来年にもう一人ほしいと思っています。

花子さんは今は子育てに専念していますが、子どもが大きくなったら働きたいと思っています。

また、子どもが生まれたら家族の移動のために車も購入したいと思っていますが、お子さんが生まれると出費が増えるため、子どもが生まれても生活していけるのか、本当に車を購入してもやっていけるのか不安になっています。

一郎さん・花子さんの収支を表にしてみました。(表はクリックすると拡大します)

ライフプラン表

 

車を購入した年は収支が大きくマイナスになっています。その後、赤字の年が続き貯蓄を取り崩すことになりそうですが、子どもが大きくなり花子さんが働き始めると貯蓄ができるようになりそうです。

この収支をグラフにすると以下のようになります。ライフプラングラフ2

このようにライフプランを立てると、毎年の収支がどうなるのか?車やマイホームは手に入れる事ができるのか?

などがわかるようになります。

次のコラムでは、Excelを使ってライフプランをたてる方法を説明していきます。