【FP事務所アイプランニングだより 第9号】『歩いてお得!健康を応援するアプリ』

こんにちは。
アイプランニングの飯村久美です。

まもなく新年度がスタートしますが、いかがお過ごしですか?

皆さんは今年度、何かやってみたいこと、始めてみたいことはありますか?
陰ながら応援しています!

私は3月9日に、名古屋ウィメンズマラソンに挑戦してきました。
フルマラソンは2年ぶり2回目となりましたが、お陰様で今回もなんとか完走できました。

小学校の時、持久走大会がある朝は決まってお腹が痛くなるくらい大の苦手だった私が、フルマラソンを2回も走るようになるとは夢にも思っていませんでした。

マラソンを走るまでは、「自分にはマラソンなんて絶対無理!」と決めつけていました。
しかし、実際にやってみると絶対なんていうことはない、できない壁は自分が勝手に作っているんだと気が付きました。

翌日はロボットのような状態で歩くのもままならなかったですが、なんとも言えない爽やかな達成感を味わいました。

やってみたいと思っていることは、ぜひチャレンジされてみてください。

2019年度も、ご自身の素敵な花が咲き開きますように。

◆━INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
1.フジテレビ『トクだね!』にコメントが掲載されました
2.ユーキャンのwebサイト 『マナトピ』で紹介されました
3.3月31日テレビ東京『いくぞニッポン!こども経済TV』に出演します
4.コラム『歩いてお得!健康を応援するアプリ』
◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■————————————————————■
1.3月8日のフジテレビ『トクだね!』にコメントが紹介されました
■————————————————————■

いま、貯蓄ゼロ世帯が増えています。

SMBCコンシューマーファイナンスが発表した「30代・40代の
金銭感覚についての意識調査2019」によると、30代・40代で「貯蓄ゼロ」
と答えた人が23.1%にも上っています。

また、平均貯蓄額は52万円減少し、195万円でした。

なぜ貯蓄ゼロ世帯が増えたのか、その背景を解説しました。

一つには、税金や社会保険料アップのため手取り収入の減少があります。
もう一つは、クレジットカードなどキャッシュレス化による支出のしやすさです。

キャッシュレスは便利ですが、お金の重みを感じにくいもの。
使い方には工夫をしましょう。

■————————————————————■
2.ユーキャンのwebサイト 『マナトピ』で紹介されました
■————————————————————■

ユーキャンのwebサイト 「マナトピ」で、私がFPになったきっかけや、
一日の様子が紹介されています。

今年は、オードリーの春日さんがFP資格取得にチャレンジされています。
春日さん、がんばってください!

https://manatopi.u-can.co.jp/work/190327_2239.html?vl=_manatopisns_kz568

■————————————————————■
3.3月31日テレビ東京『いくぞニッポン!こども経済TV』に出演します
■————————————————————■

3月31日(日)16時~テレビ東京の特番「いくぞニッポン!こども経済TV」
が放映されます。

今回は「第9弾 大人になるキミたちに大切な“食”と“お金”の秘密を教えるぞSP!」。私もちょこっと保険の話でVTR出演する予定です。よかったらご覧ください。

■————————————————————■
4.コラム『歩いてお得!健康を応援するアプリ』
■————————————————————■

冒頭でマラソンの話をしましたが、筋肉痛になるくらい長い時間をしょっちゅう走る必要はありませんが、歩くことは健康寿命を延ばすことにつながります。

群馬県中之条町の65歳以上の全住民である5000人を対象に調査研究をしている中之条研究によりますと、一日4000歩でうつ病、8000歩で高血圧や糖尿病、12000歩で肥満に効果が期待できるそうです。

ニッセイのサイトによると、国民一人あたりの医療費の平均は年間33万円もかかっています。
年齢別でみると、30歳―34歳では10万円程の医療費が、45―49歳で20万円、55―59歳で30万円と増え、その先は5歳毎に10万円以上増えていきます。

日々の適正な運動で老後の医療費負担を少しでも減らしたいですね。

そんな健康思考を後押しするようなプログラムをご存知ですか?

例えば、携帯のアプリには、歩いた数だけポイントが貯まるお得なアプリが登場しています。その中で2点ピックアップして、ご紹介しましょう。

●日本コカ・コーラ ~Coke ONウォーク~
コカ・コーラのCoke ONアプリに登録すると、歩くだけで飲み物がもらえる特典があり、現在200万人が利用しています。目標に向かってチャレンジすれば、モチベーションが上がり、結果に結びつきやすいもの。たくさん歩き健康指数を高めて、お好きな飲み物をもらいましょう。

【 ウォーキングの参加方法 】
・「Coke ON」アプリをダウンロードする
・「Coke ONウォーキング」の1週間の目標歩数を選ぶ
・スマホを持ち歩いて1週間の目標歩数を達成するか、
歩数の合計や期間限定イベントでスタンプがもらえる

※途中で歩数を確認したいのなら、アプリで表示されますし、他にも過去4週間前まで遡って見ることもできますよ。何事も記録をたどることは大切ですね。

【 スタンプを貯める 】
・スマホ自販機「Coke ON対応」を見つける
→自販機は全国で27万台設置、場所はアプリの「自販機検索」で
探すことができる
・アプリを起動してスマホ自販機の金額表示部に近づければOK
・15個スタンプが貯まると、ドリンク1本をプレゼント!

※注意点として、最初にスタンプが押されてから有効期限は365日、ドリンクチケットの有効期限は発行日から90日、失効する前にもれなく交換しましょう。

●吉野家 ~歩く割~
吉野家は「たくさん歩いてポイントを貯めて、お得なクーポンをもらおう」というコンセプトのもと、スマホ歩数計機能や歩数計と連動して歩くことで、ポイントがもらえるお得なアプリ「歩く割」があります。健康的に歩きながら、お腹も、心も満たされたらいいですね。

【 利用方法 】
・「吉野家アプリ」をダウンロードする
・ポイントを貯める
→目標を設定、達成するとボーナスポイントのチャンス!
・クーポンがもらえる

【 吉野家ポイントの獲得条件 】
・1日の歩いた歩数
・1日の歩数目標を達成する
・毎日アプリをログインする
・お誕生日の月

※吉野家ポイントが貯まったら、お店で使えるクーポン(例:3000ポイントで牛丼30円引き等)に交換。会計の際にクーポンを提示すると割引になります。
ただし、ポイントには6ヶ月間の有効期限があるので、要チェック!

2017年スポーツ庁の「FAN+WALK PROJECT」によって、最近は「スーツ×スニーカー」が増えてきました。これは歩く習慣の定着によって、健康増進することが目的です。

歩けば歩くほどお得になるアプリを活用すれば、健康によく、家計にもやさしくて一石二鳥。企業が応援してくれるのは嬉しいですね。